葬儀で失礼にあたらない姫路での服装とは

葬儀の時の服装はとにかく派手でない恰好でなければなりません。
一番多いのは黒の喪服です。
女性はそれにアクセサリーは付けて行ってはいけないので真珠のネックレスをつけていくくらいなのです。
メイクも派手にしてはいけないので薄くし、口紅も派手でないくらいのものにしなければなりません。

葬儀とは死者の悲しみの場に行くのですからきれいに着飾っていく必要はないのです。
持っていくバックもできれば黒が好ましくクラッチバックのような小さいものがいいのです。
そして、ハンカチは白で何も絵柄などが付いていないものを持っていきます。
男性は上下黒の喪服でネクタイは黒をしていきます。
そして、ネクタイピンはしていかないのが正式です。
お通夜では軽装でも構わないところが多いですが、葬式になると喪服が一般的となります。
なかなか難しいところですが、迷った場合は正装しておくのが良いでしょう。
葬式後は玄関で肩等に塩をふる仕来りがありましたが、現在ではそういった声も聞かなくなりました。
香典を受付で渡すと、お茶やコーヒーなどと一緒に塩を頂く風習も地方によってはありますね。
靴は女性も男性も黒の靴で行きます。
女性のストッキングは黒または肌色が好ましいです。
とにかく葬儀は死者とのお別れの場なので悲しみの場なのです。
なのでそういった場に派手な格好をしていったりいろいろと大荷物で行くことはよくないのです。
市民葬儀ご相談センター
姫路エリアで葬儀をおこなうなら一度は問い合わせしてみてください。評判の良い葬儀屋さんです。
だいたい18:00~19:00に始まることが多いです。
ですので会場へは最低でも10分前には着くように致しましょう。
何事にも10分前行動は基本中の基本です。
受付では「この度はご愁傷様です」と一言添えて記帳を済ませ、軽く会釈をしながら会場入りです。
僧侶の読経が始まりますので、お焼香・法話・喪主様のご挨拶が一般的な流れになります。
姫路葬式