乳がんを発症したときに感じる症状にはどのようなものがあるのか

日本における女性のがん発症頻度が非常に高い乳がんは、ほとんどが痛みを伴わないことから発見が遅れてしまう傾向があります。
基本的な乳がんの症状としては、乳房腫瘍が現れることが多く、患者自身で触れることも可能です。場合によっては乳頭から分泌物が出るという症状もあり、血液が混ざっていることもあります。
乳がんを発症しても初期の場合は痛みを感じることはありませんが、骨に転移することによって痛みを感じるようになってしまいます。
乳がんの発生要因には女性ホルモンであるエストロゲンが大きく関係しており、体内のエストロゲン量や避妊薬の服用、ホルモン治療などの影響を受ける他、閉経年齢が高い場合や初産年齢が高い場合なども乳がんの発生要因に関係しているのが特徴です。
乳がんにならないための対策としては、禁煙を行うことやお酒の飲みすぎに気をつけること、良質な睡眠を取ること、バランスの良い食事をすることなども予防としては重要であると考えられています。
がんの早期発見は患者の死亡率の低下に大きく貢献しており、厚生労働省でもがん検診を推奨しています。
また、普段から自分自身でセルフチェックを行うことで、何か異変が起きたときに早期発見することが可能です。