矯正歯科での受け口の治療について

矯正歯科での受け口治療は、幼児期と成人では治療の仕方が違います。
大抵の場合には、永久歯が生えるまで様子を見て、小学生上級生以降に頭にベルトを巻いて、顎を押さえつける治療を行いますが、幼児のうちに改善するために、寝ている間に口に特殊なマウスピースを装着する方法もあります。

受け口の人は、舌の位置が低いため、下あごを前に押し出すように筋肉の圧力が働くため、舌の位置を上げて、マウスピースにより口の周りの筋肉を正常化し、上あごの成長を促すことで治療します。
成人してからの矯正歯科での治療は、2種類あり、咬み合わせだけが逆の場合、歯列矯正だけで治りますが、骨格異常だった場合には、顎形成手術と、手術前後に歯列矯正が必要となります。
矯正歯科での治療は、大人になってからだと受け口が悪化する可能性もあるので、早めの治療をすることが大切です。治療によってはかなり時間がかかってしまう場合もあるので、子供のうちの治療が望ましいです。
大阪矯正歯科センターでは3歳から治療ができるようなので、まずは医師に今の状態を見てもらうことが大事です。