隆鼻術における効果とデメリットについて

隆鼻術は、鼻筋を通すことで、高い鼻になり、目鼻立ちのハッキリした顔に変化させることができます。
プロテーゼを挿入する手術は比較的、簡単だと言われており、自然な仕上がりを手に入れることができます。
又、鼻の高さや大きさをある程度本人の好みに合わせて自由に選択することができ、もし気に入らなかった場合は取り出して元に戻すことも可能な手術です。
プロテーゼは体内に吸収されることがなく、半永久的に体内に残りますので一度手術をすれば定期的に通院する必要もありません。
手術における傷跡も鼻の穴の中なので見える心配もなく、他人に気付かれることがありません。
デメリットとしては、高くしすぎると、プロテーゼが露出する可能性が出てきます。
プロテーゼは身体にとってはあくまで異物であり、長年挿入していると、稀に石灰沈着が起こる事もあります。
高くしすぎると鼻筋がつっぱり、他の部分と皮膚感に違いが出たりバランスが悪いなど、不自然さを伴う可能性があったりする事に加え、ご本人が気にして動かしたり、正しい位置に挿入されてなかったりするとプロテーゼの偏りが目立つ事があります。